デザイン住宅を購入する時の注意点

デザイン住宅を購入する場合には、いくつかの注意点があります。まず通常の戸建て住宅よりも、さらに施主の希望を強く反映させた設計であることが特徴となります。その家族構成や生活スタイルを反映させているので、どんな家族にとっても住みやすいとは限りません。お洒落ではありますが、生活動線や家具の配置などをしっかりとチェックして検討することが大事です。また転売する場合にも同様に、買い手を選ぶということを知っておく必要があります。さらにデザイン性の高い住宅は、場合によっては基本的な住宅性能よりも見た目を重視するケースがあります。かならず耐震性や耐久性をチェックすることが大事です。特に外壁の仕上がり具合を確認して、メンテナンスに余計な費用が必要とならないかを確認する必要があります。

デザイン性の高い住宅は住む人を選びます

お洒落な仕上がりが特徴のデザイン住宅は、設計を依頼した施主の意向を強く反映しています。そのために万人が住みやすいと感じるわけではないことを知っておく必要があります。生活動線も家具の配置なども、その設計注文をした家族の事情を加味したものとなります。購入するのであれば、手持ちの家具をきちんと配置することができるかどうか、また普段の生活スタイルに照らし合わせて動線をチェックする必要があります。見た目に魅力を感じたとしても、住みにくいのであればストレスが溜まります。また住宅を購入する場合、将来の転売がしやすいかどうかも大事な要素となります。デザイン性が高いほどに一般受けしにくいことを知っておく必要があります。施工コストも高いので、購入金額も割高になることを知っておきたいものです。

住宅性能がきちんと確保されているのかを確認すること

デザイン住宅は場合によっては住宅性能よりも見た目を重視する場合があります。例えばコンクリート打ちっぱなしは、見た目は良いのですが断熱性などに課題があります。湿気がこもりやすいですし、カビの発生にもつながります。このような住みにくさを伴うことがないような物件を探すことが大切です。また構造上、耐震性能に問題がないかどうかもチェックする必要があります。さらに長く住むにあたり、メンテナンスがしやすいかどうかも大切なチェックポイントになります。あまりに複雑な外壁の形状となれば、塗装費用もかさんでしまいます。またフラットな壁ほど塗装の耐久性は高くなります。そのような細かな点に関しても、どのようなチェックをすれば良いのかを事前に知っておくことが大切となります。