デザイン住宅を建てるために知っておきたいこと

デザイン住宅を建てるにあたって、知っておくべきことが多くあります。まずデザインを優先して住みにくい設計となってしまっては本末転倒であるということです。多少不便になるのはしかたがないという考え方もありますが、真にデザイン性の高い住宅は機能性にも優れているものです。むしろ機能美を備えたものこそが、デザイン性が高いと言えるかもしれません。都市部でデザイン性の高い住宅が多く建設されているのは、それだけの必要性があるからです。例えばハウスメーカーの提供するローコスト住宅では対応できない狭小地では、フルオーダーメイドの設計が必要となります。そのような設計で住みやすい家を建設すると、結果的に外観的にも美しくデザイン性に優れた住宅になるというわけです。

費用の安いデザイン住宅には注意が必要

工務店の中には、シンプルモダンや和風モダンといったデザイン性に優れた設計を提案するところが増えています。しかも低コストで建設できるものも多くありますが、あまりに坪単価が安いものは注意が必要です。デザイン性の高い住宅は、使用する材料などをオーダーメイドで加工しています。これがローコスト住宅よりも費用が高くなる理由です。それでも安く施工できるということは、よほど安い材料を使っているということになります。見えない部分で耐久性の低い材料を使っていると、長持ちしない家となってしまいます。また設計においても、ある程度のひな形を流用している工務店では、設計費用を安くしています。けれどもこのような設計では、例えばコンセントの位置が使いにくいものであるといった不具合も発生します。

基本的な性能をしっかりと確保すること

デザイン住宅は見た目の良さを追求するものですが、そのために基本的な住宅性能を犠牲にするものが見られます。耐久性を保つために必要な構造にできないことがあるというわけです。まずは耐震性や耐久性、断熱性などをしっかりと確保した上で、デザインに凝ったものにすることが大切です。そのようなこだわりを持った工務店を選ぶ必要があります。デザイン性の高さと住みやすさを両立させることが、デザイン住宅には必要です。これは機能性を追求することで十分に可能です。無駄なくシンプルに機能性を追求した住宅は、外観も美しいものです。またメンテナンスも楽に行えるので、長く快適に住むことができます。そのような施工を行ってきた工務店をどのように探せば良いのかが大きなポイントと言えます。